手にした様々なreel🎣

リールについて

 

https://www.instagram.com/p/BR0cqWJAWE_/

半世紀以上前のオールド

往年の70's  80's 

ちょっと以前の廉価モデル

つい最近試しに入手してみた

現行モデルなどなど

統一感なく。

 

90年代はほぼバス釣りから離れていたので

いわゆる爆発的バス釣りブレイクの時期は

シラケた感じでシーンを遠くから眺めており

その当時のモデルだけは

触手は未だ伸びない。

 

https://www.instagram.com/p/BRFGQzsgom4/

 

 90年代後半にむしろ海の釣りに嵩じており

落とし込み、前打ち、フカセ

ターゲットにしていたのは黒鯛、グレ等など

いわゆる”catch&eat”が前提の釣りこそ

価値があると思い込んでいた。

今、思えばいささか

いやしい感じは否めないのだけれども

それなりに美味しくいただいた。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BRifnbxAMyS/

↑の写真のOLD SHIMANO Bantamとゼブコのグリップはアメリカの釣り友達からプレゼントされたもの。彼のお爺様が愛用したリールである。

 

釣りを封印?

子供たちも小さく、すっかり釣りには

出かけなくなった00年以降。

当時の職場の先輩連中から誘われて

尾鷲方面へ釣りに出かけた事が

きっかけとなる。

 

気乗りしない釣行だったのだが…

半ば強制的な誘いに嫌ったらしい部類の

釣り人である事は直感的に

読み取ることが出来たからである。

 

フィールドコンディションは良好

タックルは道糸も何年も交換していない

daiwaの安価な太鼓リールと

SHIMANOの名刀 ”浦千鳥”

いわゆる落とし込みのタックルと

餌はカラス貝。

 

気乗りしないながらも釣りを始めると

食事もとらずに真面目に釣りをするのが

不肖の私である。

潮目を把握して上げ3分、下げ8分の

セオリーに法って深夜から黙々と

釣行していた。

 

餌盗り、外道はハリセンボン

時折穴子や地魚などチラホラ

 

ターゲットの黒鯛は全く反応を見せない…

 

不肖の私が最も毛嫌いする

嫌ったらしいタイプの釣り師の先輩連中は

早々にコンビニで買った弁当をむさぼり

車中でふて寝である。想定通り。

 

静寂の中で竿を握る指先に無意識的に

全神経を集中する。釣りはひとり静かに

行う知の営みである。

それでもまともな方の釣り師の先輩の1人は

吾輩と共に闇の中で同じように真面目に

知の営みに嵩じていたようだ。

 

チンピラ2人は車の中で仲良くおネンネ

言い出しっぺは常々こうだ。

 

うっすら夜が明け

ソレは静かに近づいてきた

確かにゴツゴツとした小さな魚信(アタリ)が

名刀 ”浦千鳥”の穂先から伝わってくる

しかし竿を上げるとかじられたカラス貝

だけが惨めに残っている…

そんなやり取りを2、3度繰り返す。

 

何度も魚信があれど、ガーン!と

1発来ないのである。

 

今度は好きなだけつつかせてやる

コツコツ…ゴリ。コツコツ…ゴリゴリ

一定のリズムがある事に気がついた。

 

最も振動の大きいタイミングで渾身の力で

合わせを入れた瞬間…

 

今までに体験したことの無い強烈な引き

ガクン!と前へつんのめる

とにかく魚ではなく何かウインチの様な

機械的な圧倒的トルクだった

 

竿を持っていかれる!

自分が洛水する!

道糸が持たない!

 

ありとあらゆるネガティブが一瞬に

頭の中を駆け巡った…

 

長くなりそうだ。

 

次回へ続く…

 

 

そう言えばカヤックでの初フィッシュ

すっかり失念していた

メジャーリバー、マザーレイク、リザーバー

様々なフィールドでのカヤック釣行

操船にも慣れて来た頃。

f:id:tr80347:20171114113442j:image

確か今年の4月後半

aワンド付近で出廷しトップウォーター

風が出てきたので、風裏のbワンドへパドルを漕ぐ。bワンド到着直後 台風の様な爆風

かろうじて風裏なのでカヤック釣行を続行

f:id:tr80347:20171114113505j:image

その時にゴクンッ!と出た!

しっかりのってる感覚だったので

船首、鼻先までゴリゴリ巻いて寄せる

目の前でもの凄いJUMPと猛烈なエラ洗い

でプラッグのフックから外れて

獲り逃してしまった…目測で50cm程の

丸々太ったコンディションのいい魚だった…

文字通り逃がした魚はなんちゃらである。

 

無意識的に逃げた魚の方向へ

再びキャストしていた。

 

スグにゴン!というアタリと共に

水面を割ってバイト!

 

今度は慎重にやり取りをして

ようやく獲れたが、先ほどの獲り逃がした魚とは別の魚であった…
f:id:tr80347:20171114113251j:image

43cm程とサイズダウンしてしまったが

綺麗でコンディションのよいバスだった。

初めてのカヤックでの釣果に

大いに満足であった。
f:id:tr80347:20171114113532j:image

兎にも角にもカヤックでの釣行というのは

実に楽しく、格別である。

時に愛犬と共にカヤックで釣りをしたり

キャンプでは子供たちも楽しめる。
f:id:tr80347:20171114113733j:image

来年は効率的にカヤックで水辺へ

出かけたいものである。

f:id:tr80347:20171114113912j:image

 

 

 

 

 

DUEL HARDCORE ニンジャスイマーの威力

 

 久々に釣具店などへ

補充と言いつつ、ビックベイトをついつい

 

https://www.instagram.com/p/BbTWrdkArEp/

 

以前から気になっていた

DUELのセンドウタカシ氏プロデュース

ニンジャスイマー!!!

 

プロアングラーで最も好き

センドウタカシ♡loveである。


f:id:tr80347:20171112011350j:image

その日の午後の出来事である…

 

釣れた・・・

釣れたぁぁあああああああああああああああー!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

長らくの放置^^;色々釣果報告など

随分と長い事放ったらかし

すっかりfishing blogの事を失念しており

 

今年の前半は何かと公私ともに多忙にて

ハイシーズンなどは全く釣りをしていない。

 

とは言え…夏場に2回ほど

Mother Lakeへ家族でキャンプへ出かけたり、カヤック持参で水辺へ繰り出したのだけれども…子供たちに竿を占拠され

彼らはデカギル釣りを楽しんでいたから

まぁ、よいのだけれど…肝心の自分の釣りは

ほぼ集中出来ず。だった。

 

ハイシーズンを見送り、秋

10月中旬 天候は曇り 夕刻

別のフィールドで出会ったK氏と釣行

ホームへ来てくれた時に僭越ながらガイド

などを務め、ヘビーネコリグをα岬から

オープンウォーターへ第一投での釣果

 


f:id:tr80347:20171112010039j:image

f:id:tr80347:20171112005220j:image



f:id:tr80347:20171112011037j:image

 

K氏に今回釣れたリグを1式プレゼント

彼は帰りしな彼のホームポンドで

早速、プレゼントしたリグでバケモノを

仕留めたとか…おそるべし


f:id:tr80347:20171112010801j:image

 

 

 

 

入鹿池

f:id:tr80347:20170212025351j:image

昨年の12月中旬

長男とデスポンド入鹿池での釣行

ワカサギのタックルも持参

晴れ間が広がり気温は高め。

f:id:tr80347:20170212025837j:image

早朝。エレキ、バッテリーなど

荷物を積んで出掛ける。

その日の早朝にボートを予約

流石にワカサギシーズン真っ只中

貸しボート屋さん三軒目の電話で

なんとか調達。

 

思いつき、NO PLANでいきなり

釣りがしたくなった。

 

f:id:tr80347:20170212030336j:image

f:id:tr80347:20170212030423j:image

湖畔でご飯。

 

やはり…デスポンド

 

f:id:tr80347:20170212030830j:image

 

f:id:tr80347:20170212030633j:image

思いっきり風邪引きました。

f:id:tr80347:20170212030700j:image

 

 

 

新艇!納艇!2017 new! Perception Sound10.5

https://www.instagram.com/p/BP9LUjHhZJH/

 

 

昨年の11月中旬ごろ

2017年モデルのSound10.5を予約

この度、お世話になった

ブライトリバーの松本さんと

何度かメールやお電話の

やり取りをさせていただき

最速、最短の納艇がかないました

何かとお手数をおかけしました

快くご対応くださり

感謝いたしております。

 

https://www.instagram.com/p/BP9Ex3nhZYQ/

 

お昼休みに最寄りの運送会社へ

出かけて引き取り

10.5ftでおよそ3.2m。

一人で持ち上げられるか?

なんの。なんの。

”ひょい”っと持ち上げれたよ。

https://www.instagram.com/p/BP-R4vjBWs2/

 

なんと!

オマケまで送っていただきました。

多謝!!!!!!!!!!!m(_ _)m

 

f:id:tr80347:20170202005106j:plain

今年こそ、トップを重点的に・・・

迷いを捨てて・・・

https://www.instagram.com/p/BBwgy8NxOdm/

 

 

しかしそっちのシーンでは

かなり有名な方なんだ…くらいの

認識しかなかったけれども…

松本さんってスゲェ人だ!

ということを再認識。

事、モノづくりの精神。凄い…

いい刺激"も"いただきました。

オイラ仕事頑張って

お店に是非お邪魔したいです。

 


Brightliver -LIVER F-45-

 

Brightliver Tackle.co.

http://brightliver.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

番外編 カミさんと釣行アレコレ

 たまにカミさんは釣りに付き合ってくれます。

https://www.instagram.com/p/BAbYY4lxOY7/

https://www.instagram.com/p/BGJOo66xOX2/

https://www.instagram.com/p/BGJO-rVROYb/

 

 

中央アルプス(厳密に言うと違う)お膝元でカヤック。後編

前述の通り、愛犬とのカヤッキングを

楽しんでしばしの休憩がてら

陸に上がる。

f:id:tr80347:20161130225659j:image

しばらくは小脇にleoを抱き

カヤックに寝転んで晴天の秋空と

傾きかけた日差しを浴びた。

山間部にしては暖かい日であり

ほんの15分ほど2人でウトウトと

眠ってしまったようである…

f:id:tr80347:20161130230326j:image

ふと、目が覚めた時に一体どこに

自分がいるのか…

一瞬ゲシュタルト崩壊的な

不思議な目覚め方をした

実に愉快だった。

 

午後からの出発としては

非日常をしっかり満喫できている。

実に晴れ晴れした心持ちで

再度、景色をゆったりと味わう。

f:id:tr80347:20161130230627j:image

湖に浮かぶ小さな島には

祠があり、何がしかが祀られていた。

 

八百万の神々に"導かれるように

ここへ来た"的なオカルトじみた

陳腐な表現はとにかく嫌いだけれども

人間的解釈など全く無関係に

ただ静かに佇み、包容してくれる。

 

やれ神だ仏だ天使だ悪魔だと

分かったような気で分かったような事を

なんの根拠もなく宣う愚かな人間など

心底どうでもいい

無価値である。

 

語らずして感じろ

強要すべからず

金儲けなどもってのほか

己の父と母同様に自然と先人を敬え

 

が持論である。

 

f:id:tr80347:20161130230656j:image

西に傾きかけた日差しと我が艇

山々が陰を落とし景色全体が

ブルーとも藍色とも…

絶妙なコントラストが全体をアンダー

な色彩に染めていて、どことなく

懐かしいフイルム写真のような

景色の中でポツンと愛犬と2人

パーフェクトである。

 

 

艇を片付けてキャンプエリアを散策

してみる事にした。

平日のオフシーズンと言うこともあり

到着の際に出会ったおばぁさん以外の

人には出会わなかったが、整備の

行き届いたスッキリしたキャンプエリア

には大型のコテージ、トレーラーハウス

テントサイトが完備されシーズンの

賑わいを想像するのは容易であった。

f:id:tr80347:20161130233214j:image

是非シーズンには家族で来ようと思う

予約できた新艇とインフレーダブル

2艇のカヤックで娘と釣りをする風景

が頭に浮かぶ

f:id:tr80347:20161130234132j:image

遊漁料も良心的である

どこぞのキャンプ場併設の

エリアトラウトでの釣行の際は

一日券で4000円…3人で…だった。

山の中で山賊にカツアゲされた

気分だった。しかもノーフィッシュ

文字通りの踏んだり蹴ったり。

 

来年のシーズンはここへ来よう。

 

 

完。

 

 

 

 

 

 

 

中央アルプス(厳密に言うと違う)お膝元でカヤック。前編

先日念願のPersepion Sound 10.5

2017年モデルの予約を

入れる事が出来た。

f:id:tr80347:20161130012646p:image

コレがまた時期を逃すと次の年まで

待たなければならない…

人気の艇で直ぐに予約が

一杯になってしまう。

2年ほどタイミングを逃し

ようやく3回目にして予約が出来た。

 

そんなこんなで妄想は膨らみ

矢も盾もたまらず浮きたい気持ちを

抑えられなくて…既存所有している

安価なレジャーユースの

インフレーダブルカヤックを積み込んで

リサーチした中央アルプスのお膝元

(厳密に言うと中央アルプスには属されないけれども、そのように認識している人は多い。)

 

キャンプ場併設された湖へ愛犬のleoを

連れて現地偵察。

 

f:id:tr80347:20161130013511j:image

環状線から中央道経由で山に向かう

平日と言ってもトラックが多く

少々疲れたが1時間と30分程で現地に

到着す。

 

f:id:tr80347:20161130013845j:image

駐車スペースもしっかりあり

準備もしやすかった。

白い犬を連れた現地のお婆ちゃんが

話しかけてくれた。

 

我が愛犬を可愛がって下さり

犬を連れてる者同士というのは

みょうな垣根がなくなるのか…

はたまた、おおらかな土地柄なのか

お婆ちゃんの優しい笑顔に迎えられた

せいか…初めての湖にも抵抗なく

艇を降ろせた。

f:id:tr80347:20161130014445j:image

f:id:tr80347:20161130014459j:image

f:id:tr80347:20161130014530j:image

おそらくカヤック出廷の為か

石が置かれておりとても乗艇し易く

もちろん降りるのも大変助かった。

なんせ初めて犬を乗せたので

大変助かった。多謝

 

カヤックの乗り降りというのは

慣れないとなかなか難しい。

足元を濡らさずにカヤックの内部へ

潜り込むのは容易ではない。

 

f:id:tr80347:20161130015023j:image

f:id:tr80347:20161130015046j:image

安価なレジャーユースの

インフレーダブル カヤックとはいえ

非常に安定しておりマテリアルも

硬く比較的丈夫。

特筆すべきはテールにフィンが

ついており直進性も良好である。

 

風もなく気温は10℃

紅葉こそこれからが見頃を迎えつつ

ポカポカと心地よい天候にも恵まれた。

 

f:id:tr80347:20161130015845j:image

f:id:tr80347:20161130015929j:image

しばし、ゆったりと我が艇を

風上に向かってパドルを快調に漕ぐ

愛犬leoも、もちろん生まれて初めて

カヤックでの水面デビューであるが…

こちらとしても生まれて初めての事

犬を乗せての出廷。

 

イメージはバウデッキに勇ましく

佇む猟犬種の精悍で凛々しい姿を

想い描いて…

 

実際、水を怖がる子ではない事だけは

風呂でシャワーの時に感じていたが

想像以上に好き勝手にバウデッキを

歩き回り物怖じする様子はなかった。

 

かろうじて猟犬種の彼は

足こそ短いものの、こちらの憧れた

シュチュエーション通りに堂々たる

態度で見事バウデッキに

鎮座してのけたのである。

 

なんとも頼もしく

お利口で賢い我が愛犬である。

生後5ヶ月の快挙

f:id:tr80347:20161130021454j:image

 

続く…

ネガティヴ・キャンペーン

なんとも久しぶりの更新。

 

大物YouTuberのコラボライブ配信を

ぼんやり聴いていて思うところあり

書いてみる。

 

リターンアングラーとして水辺へ

再び出かけるようになって感じた

妙なアウェイ感と違和感に

愕然とさせられた事を思い出す。

 f:id:tr80347:20161125031405j:image

いわゆる外来種を取り巻く

ネガティヴ・キャンペーンが行政や

マスコミ主導で繰り広げられていた頃

オイラは釣りから離れていた。

 

なぜ?今、アングラーが世間から

冷たい視線を浴びせられるのか?

その経緯を認識できたのはここ最近の

事であり、自分なりの考え方を模索し

解釈の置き所を確保しようとギクシャク

していたのが正直なところ…

 

フィールドは制限され

息がつまる想いで、コソコソと

釣りしなければならない状況に

非常にイライラさせられる。

 

空前のブーム当時。

アングラーは飽和状態

ゴミの不法投棄や違法駐車が横行した

状況から近隣住民との対立や

トラブルなど…弾圧されかねない理由を

アングラー自ら撒き散らした感は否めないのは事実ではあると思う。 

 

確かにタチが悪い。

海のフィールドのゴミや餌の放置

には釣りをしていた当時もひどい有様

だった事を思い出した。

 

外来種云々はあえて触れないが

一言だけ言うなら…ブラックバスを駆除した所で何ら環境が良くなる訳でもなく

そんな事よか放射能タレ流しの

状況の方がとんでもなく恐ろしい訳で…

生きてる人間の方がよっぽど始末が悪い

ちゅーね。いっぺん考えてもらいたい。

 

で、釣りYouTuberや釣具店主催の

釣り大会なんかで見かける

ゴミ拾い活動…

皆んなでゴミをひろいました!

とっても立派だと思うんだけれど…

そーゆーイベントに参加したなら

もちろん張り切ってゴミひろい

しますけれども。

 

釣りをしない人からみたら

テメェらでゴミ捨てて

テメェらで拾ってらぁ

なんかゴソゴソ集まってきて

うるせーし、うっとーしーのぉ。

くらいにしかうつらないんじゃないかと

ふと、そんな事を思う。

 

1人でもやってる人はやってて

いちいちゴミ拾った!

ってアピールしない人は沢山いる。

 

そもそも気持ちよく水辺に立って 

自然に溶け込みたい訳で

そこにゴミが落ちてたら目障りだし

萎えるんで拾い集めて袋にまとめて

持ち帰って家庭ゴミと一緒に捨てる

ってゆうこだわりブリなだけだったり

 

向こう都合のネガティヴ・キャンペーン

を鵜呑みにしちゃってるリテラシー低め

なステレオタイプさん達の顔色を

伺いながら、へりくだった態度で

アピールまがいの偽善行為にしか

ならないゴミひろいジェスチャー

意味がないと思う。

 f:id:tr80347:20161125031704j:image

そも、捨てないのは当たり前

 

釣り人に悪人なしは昔からの定説

 

水辺に釣り人がいるのが日本の風景

 

そこに釣り人が佇めば防犯にもなる

 

不審者もうっかりウロウロ出来ない

 

そー思うけどな

 

毅然と竿を振ろうよ。

f:id:tr80347:20161125031839j:image

 

撃沈。ナイトバッシング

f:id:tr80347:20161016174247j:image

ナイトバッシングは

No fish 途中ホームポンドへ

立ち寄ると後輩の後輩達が先行していて

ナマズが2本の釣果だったとか…

小一時間ほどキャストするも

No bite

 

明けて日曜。

昨夜後輩の車に財布を忘れていた旨

連絡をもらう…最近どーも物忘れ

紛失、置き忘れがやたら増えた。

届けついでに昨夜のリベンジと

いう事で後輩とその子供ちゃん

三人で比較的釣りやすい

フィールドへ向かうが

結句、No bite No fish…

何処の水辺もターンオーバー気味

日中と朝夕の気温差で

若干、風邪気味でもあり鼻水と咳

季節の移ろいに抗えない

そんな日曜の夕刻…庭先でぼんやり…

f:id:tr80347:20161016175314j:image

いよいよシーズンオフだろうか…

いやいや冬場の遠投系の釣りも

やるよ。やる。

f:id:tr80347:20161016174151j:image

 

 

いざ。ナイトバッシング。

f:id:tr80347:20161014223002j:image

夕刻ホームポンド散歩釣行

ノーバイト、ノーフィッシュ

そして No Fishing No Life.

久々にトップオンリーの釣行にて。

 

 

実は後輩からナイトバッシングの

お誘いを受け、何で攻めようか?

考えこんでしまった。

 

夜間の野池でノイジー系のトップは

出ればデカイ的な話を聞いたことがある

とりあえずトップの練習と

先日新調したMagnum Badの

スイムテスト兼ねての夕方の散歩釣行という経緯。

f:id:tr80347:20161014225224j:image

 

そも、単独釣行がほとんどであり

夜な夜な水辺で1人佇むなんて事は

考えただけでもゾッとする。

 

お化けだの幽霊だのといった事は 

バカバカしくて一切、信じてないし

俗にいう霊感なんてモノも

持ち合わせていない。

 

が、怖いし、気持ちが悪い

真夜中の水辺へ1人で

出かけるなんてことは

絶対無理である。

 

しかし、ナイトバッシングは

なかなか釣れるという

イメージを持っている

だが1人では絶対に無理だ。

 

そこへきて、後輩がデカバスがいる

池へナイトバッシングに行きませんか?

と誘ってくれてる。

 

願ってもないチャンスだ

後輩がいてくれれば

お化けなんか怖くない。

 

で、キャップライトを準備しようと

探すが見当たらない…

引っ越しやらなんやらでバタバタして

何処へ行ってしまったやら?見当もつかず

仕方なくEnergizer®︎のキャップライトを新調。

 

f:id:tr80347:20161014225714j:image

150ルーメンあれば充分かと

 

さて、明日のナイトバッシング

どんな攻め方をしようか…

どんなタックルで…

どんなルアーを投げようか…

ベッドで妄想を膨らませながら

眠りにつくとするか。

 

秋は長雨で早々に流れ去り。

2016.10.12 夕刻 月齢11.1 若潮 

風速(気象庁風力階級)3~4 晴天

ホームポンド a岬 ワンド入口。

 

岸際、シャローに反応なし

このところ調子のよかったリグにも

パタリと反応が出ない。

最近セッティングした遠投仕様のタックルにて

沖合のイカダストラクチャーめがけて

ラバージグ+ドライブクローを遠投。

https://www.instagram.com/p/BLRJnZtBLAK/

 

流石にトータルで1oz、7.6ftで投げれば

とんでもなく飛ぶ。

ボトム着底後、アクション数回でゴッ!ゴっ!と

魚信あり。

少し慌てたのがいけなかった。。。

バイトならず。

秋の巻物シーズンは何処へやら・・・

いきなり冬のパターンの気配を感じる

そして、バイブレーションを一つロストする。

備忘録まで

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BLVn0HGBV0w/

 

 

100円ショップのワイヤーラティスなるもので

ストックのソフトルアーやらなんやらを

整理してみた。

以前使っていた部屋より狭くなったので・・・

箱に入れも置き場に困っての策。

なかなか南部の片田舎の金物屋で売ってる

釣り具のディスプレイのようで楽しい

自己満足と自己完結は心のヴィタミンである。

 

 

f:id:tr80347:20161013221227j:plain

今更レビューって言うのも・・・だが

更新したスピニング AERNOS2500 と

コーディネートしたつもりはサラサラないが

廉価版の最高傑作 BASS ONE XT 現行モデル

ネットで買ったほうが少し安いが

あえて釣具店で手に取ってみてから購入

ついでにフロロの12LBも巻いてもらった。

 

SVSというのがなかなか良い。

遠心力ブレーキ自体オールドのABUでしか

使ったことがなく、ここ最近のベイトリールは

マグネットブレーキばかりなのでピンとこなかった。

そも。オールドABUの遠心力ブレーキの感覚

の方がマグネットよりもシックリくるので

かねてからSVS(SHIMANO遠心力ブレーキシステム)

には興味があった。

7g~30g弱までは快適に投げられる

なかなか作りも悪くない。

おそらくこの価格帯である以上

経年のヤレは上位機種ほどの耐摩耗対策分の

コストはかかっていない事だとは思うけど・・・

まぁ、必要にして充分なんじゃないかな。

お散歩アングラーのオイラにはね。

 

https://www.instagram.com/p/BLfBmf4B0m0/

 

廃盤モデルだけれど7.6ftのMHとのバランスも

さほど問題ない。

 

当初、廉価ロッドのBASS PARAの6.9ft MHを手に取って

見たかったのだが、どこの釣具店も新モデル入れ替え

で置いておらず、買いそびれた。

 

手元の7.6ftのMHでは少々長いかと思いながらも

投げてみるとさほど気にならず、バッドもティップも

調子は良好かと感じている。

 

 

休日の遅起き→ホームバスポンド

 

2016.10.8 曇り 風速およそ1 

月齢 7.1 小潮

昨夜は久しぶりにカミさんとレイトショー

シアターへ足を運ぶ。いい映画だったなぁ。

明けて土曜の朝はam9:00ごろまで寝た

遅いスタートながらホームポンド

 

いつものa岬からワンド入口。

https://www.instagram.com/p/BLSYkwjhHv0/

どうやらこのサイズのバスがたくさん

湧いている様子。連日よく釣れる。

https://www.instagram.com/p/BLSY5mXhK2f/

 

なんだかんだで3本

どういうわけだ?かこの三日間

ほぼ同じサイズのバスばかりである。

 

”今日の雑感”

はい。お説教です。

あのなぁ・・・遊ばせてもらっといて

ゴミ捨ててくってどーゆー神経なんだ?あ?

こんどゴミ捨ててく奴見かけたら殺すからな。

で、ソイツの全神経引っこ抜いてフックつけて

釣りするわ!クソボケ!!!

 

f:id:tr80347:20161008143531j:plain

吸殻やら、ラインやら拾って

持ち帰りました。

己の善人づら、偽善、欺瞞に嫌気を

感じながらの帰路。反吐がでそうだぜ。

f:id:tr80347:20161008143818j:plain

ゴミは自分で持ち帰りましょう。クソボケども。